フェノブース

コロニーイメージング
フェノブースは13メガピクセルのカメラが組み込まれています。スペクトラスターフラットフィールドイルミネーションが高解像コロニーイメージをとらえます。一旦画像が得られれば、強力なバッチ解析ソフトウェアへのフェノスイートでシームレスに それは処理されます。データエクスポート、インポートは、どの段階でも可能です。

機能

フェノブースは、高解像度のコロニー画像を撮るもので何枚でも撮影できます。それから、フェノスイートのインテグレーテッドバッチアナリスワークフローでユーザーと読み合せ(イメージプレプロセッシング、測定、標準化、解析と可視化)を一回のクリックで行う。
アプリケーションによるソフトウェアパッケージ、例えばSGA解析或は、ゾーンインヒビション(抗生物質耐性)などシームレスに集約化されております。
フェノスイート ソフトウェアでの、タイムラプスイメージング、コロニー増殖曲線の生成、そしてユーザー入力を最小限に抑える流れに沿った解析の自動化が図れます。

用途

使用できる容器:SBS標準プレート、ペトリディッシュ、シンガープラスプレート
コロニーカウンタ
自動コロニー測定(サイズ、濃度、ピクセル数、形状係数、色など)
タイムラブス画像を基にしたコロニー成長カーブの観察
SGAデータの標準化とスコアリングの自動化

関連事業/製品